歯の診察を受けている子供

歯を埋め込む方法

歯ブラシを持つ女子

病気や怪我などで歯を失ってしまう人がいます。永久歯は一度抜けると二度と生えてはこないため、その歯の隙間を受けるためには人工歯で補填する必要があるでしょう。 人工歯で補填する治療の一つに歯科インプラントがあります。インプラントは体内に埋め込む器具の総称ですが、歯科医療においてのインプラントは人工歯治療そのものを指しています。 治療は手術を必要とます。第一手術で失った歯の顎骨に穴をあけて、そこへ人工歯根を差し込みます。第二手術で人工歯根に接続部品を取り付け、型どりをした人工歯を装着する治療です。 歯の根を作り固定することで安定した機能が得られ、また見た目もいいとして、多くの方が失った歯の治療にインプラントを選択しています。

インプラント以外の人工歯で補填する歯科治療には入れ歯やブリッジがあります。 治療率としてはブリッジが最も多く、次いで入れ歯、インプラントとなっています。というのもブリッジは入れ歯に比べて機能や見た目が優れており、インプラントに比べて価格が安いという特徴があるからです。そのため総合的に見ると一番メリットがある治療方法はブリッジになるでしょう。 インプラントは機能や見た目は最も優れた治療ですが、その分、費用が高いのがネックとなっています。それでもメンテナンス次第では永久的に利用できる人工歯なので、費用対効果は高くなっています。それを踏まえ、本来の天然歯と同じ効果を求めるのなら最もおすすめできる歯科治療はやはりインプラントです。