歯の診察を受けている子供

保険が適用される

置かれた歯科器具

インプラントの治療は平成24年4月より、保険が適用されることとなっています。しかし、未だに保険適用外の治療が大多数となっています。しかも、インプラントは大変コストがかかる治療ですから、1本あたりの治療費は数十万円にもなってしまいます。 保険が適用されるのに保険適用外の治療が大多数な理由は偏に、保険適用の条件が厳しいからです。症状次第で保険が適用されないことはもちろんのこと、施設や勤務体系にまで厳しい条件が設けられています。従って、多くの歯医者が条件を満たすことができないので、保険適用外の治療にせざるを得ないのです。 ただ、長きにわたって保険適用外だったインプラントが、保険適用になったということは、インプラントの有効性が理解され始めていると考えて良いでしょう。ですから、この先、厳しい条件が緩和されることは十分に考えられます。

もっとも、インプラントの有効性は、すでに広く知れわたっています。インプラントの特徴は、強い力で噛めることです。この特徴は、歯を補う上で非常に重要なことであり、同時に、他の治療法では困難なことです。 ただ、高い効果が得られることと引き換えに、治療は大規模なものとなります。ですから、歯科医の技量に深く関係する治療法なのです。また、使用する機器や設備等も深く関わっています。 インプラントの治療を行っている歯医者は数多くありますが、残念ながら、どの歯医者でも高レベルな治療が行われているわけではないのです。技量が乏しい歯科医が担当しているところもありますし、機器や設備が整っていないところもあります。そういった歯医者で治療を受ければ、満足できる結果は得られないでしょう。そして、そういった歯医者であっても、治療費は高額です。 ですから、入念に下調べをした上で、どこで治療を受けるのか決めた方が良いでしょう。インターネットには評判や口コミ等が掲載されていますから、歯医者選びの参考にすると良いでしょう。