歯の診察を受けている子供
歯ブラシを持つ女子

歯を埋め込む方法

歯は、一度抜け落ちてしまえば二度と生えることはありません。しかし、インプラントを利用することで補填することが出来ます。顎骨に穴を開け、人工歯根を差し込み装着させることでしっかりと歯を埋め込めます。

Read more

治療する歯科医

見た目の配慮

歯医者の施術では、詰め物でもセラミック製の目立たないものとするなど、見た目にも配慮を行うものです。歯列の矯正やホワイトニングなどの治療を行う歯科もあるため、多くの人が利用できるでしょう。

Read more

高い効果のある治療

菌と虫歯

インプラントはなくなった歯を補うことができる優れた治療です。しかし、中には希望してもインプラント治療ができない人もいます。インプラントはあごの骨に埋め込むものなので、顎の骨の厚みがない人は治療ができない可能性があります。あごの骨が1.5センチ以上あることがインプラントができる条件です。あごの骨が薄い人は歯周再生治療をして骨に厚みを持たせる必要があります。また、インプラントをすると歯茎と接している部分に炎症が起こりやすいため、虫歯や歯周病がある場合は治療をして完全に口の中を清潔な状態にしておく必要があります。高血圧、重度の糖尿病、腎臓病、放射能治療を受けている人なども、インプラント治療ができないことがあります。

永久歯は何らかの事情で一度失ってしまうと二度と生えてこないので、なくなってしまったら入れ歯をするのが普通でした。しかし、インプラントが登場したことにより、永久歯がなくなってしまった人でも入れ歯なしで過ごせるようになりました。インプラントとはチタン製の人工の歯根のことです。その人工の歯根を顎の骨に埋め込み、人工歯を取り付けることによって噛みあわせを回復することができます。最初に治療計画を立てて希望のインプラントを選び、手術をして取り付けます。そして顎の骨としっかり癒着するまで半年ほど期間を置いたあとに連結部分のアパットメントを取り付け、人工歯を上から装着します。完全に自分の歯として使用できるまでには1年くらいの期間がかかります。

歯の矯正

利用できる器具

矯正歯科では、ブラケットと呼ばれる治療器具を用いて歯並びを改善させます。ワイヤーによる矯正方法以外にも見た目に配慮したマウスピースの利用も行えるため、矯正器具を選んで利用できます。

Read more

歯科器具と歯科医の手

気になる費用

矯正歯科の費用は、使用する器具によっても大きく変動するものです。ブラケットの費用は平均60万とされており、マウスピースの利用は80万近く掛かる場合があるため、費用についての情報も集めておきましょう。

Read more

置かれた歯科器具

保険が適用される

インプラントといえば、保険適用外であるため高額な費用がかかると思われがちですが、現在ではより利用しやすいように保険が適用できる場合があります。条件は厳しいものの、治療の費用を大きく抑えられます。

Read more